座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥 II』をご紹介します。

シャングリラの鳥
本ページは、アフィリエイトによるプロモーションが含まれております。

作品データ

シャングリラの鳥 II

座裏屋蘭丸

刊行年月:2020.11.10

出版社:プランタン出版


どんな作品?

2017年10月より、雑誌『Canna』にて連載を開始した、娼館「シャングリラ」で繰り広げられる男娼フィーと、離婚調停中のストレート、アポロのお話。(2023年現在、連載中)

座裏屋先生のもう一つの人気シリーズ『コヨーテ』とは全く違った雰囲気のお話です。

作品全体に海の微風が感じ取られ、この雰囲気が物語をよりリアルに、立体的にしています。舞台になっている離島は南国かどうかはわかりませんが、「シャングリラ」の名の若く、人々はありのままの自分でいられるようなところ・・・ユートピア。建物はオリエンタルなデザインになっており、アジアンテイストの落ち着いた雰囲気と、イケメンたちの艶っぽく、ときにミステリアスなストーリーラインが絶妙にマッチ。

相変わらずの座裏屋先生のエロティックな絡み表現も美しい。これは完全、大人の女性向けの作品になっております。

いろんな視点を考慮して組み立てられた、座裏屋先生および制作チームの方々による秀作。そして、忘れてはならないのが、私たち読者もチームの一員になることができます。セリフは少し少なめで、キャラたちの表情などから読者が心情を汲み取っていきます。自分たちもその空間にいるような感覚になれ、チームの一員になる。そんな神秘的な作品でもあります。

ぜひ海の微風とともに、フィーとアポロの二人を覗いてみましょう。

カップリング

受け:フィー(男娼、ストリート育ち。気づかぬうちにアポロへ気持ちが…)

攻め:アポロ(ストレート、離婚調停中。フィーの行動、考えを知りたいと感じるように…)

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥 II』のみどころ

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』は、個人的に一番好きなBL作品でもあるため、みどころはここに書ききることができません。作品は何層にもなっており、表面上の物語を読んでも面白いのですが、じっくり熟読、1コマ1コマから表情や仕草を汲み取っていくと、読者もこのシャングリラに行くことができる不思議な作品です。南国の太陽の色や、夜の細波の音、にぎやかな小鳥たちの会話が不思議と聞こえてきます。

え?ハマりすぎ?そうですね。w

でも、それを可能にしてくれるのが、座裏屋先生の圧倒的画力、世界観。練り上げられたこの世界観がそれを可能にしてくれる。フィクションなんだから… いえ、フィクションだからリアルに描く。その世界を人の心に作り上げてくれるんですよね。2巻では、フィーとアポロの距離が近づき、また二人もわずかに心を開放していきます。

作品の魅力01:フィーの過去、再び

1巻では少ししか出てこなかったフィーの過去が、より深く語られます。ストリートで育ったフィー。幼い頃から痛々しい経験をしてきたようですが、その中でも心に封印していた「ある出来事」があります。1巻でも少し匂わせていたその出来事。2巻ではよりエスカレートしてきます。そしてフィーは精神的にじわじわと落ち着かなくなっていく。それに気づいたアポロは、優しくフィーに問いかけます。

作品の魅力02:フィーとアポロの距離が近づくか

フィーの過去に加え、アポロも自分の過去をより深くフィーに話ります。そしてフィーの考え方を通して、ふと自分を見つめ、またフィーの心情をうかがう。より深い会話を介して、アポロの心が少しずつ揺らいでいるのが垣間見られます。会話の節々からアポロの気遣いや、彼の優しい性格が見受けられる。座裏屋先生が描くキャラは、いつも優しさや愛情にあふれていますね。

作品の魅力03:座裏屋蘭丸先生のエロティシズム 

どの作品にもあるのが、座裏屋先生のエロスです。エロスといっても、ただ性欲を満たすような行為ではなく、愛情のある行為。そして私はこれをある意味メタファーだと思っています。フィーの悪戯をなんとかかわしていたアポロですが、2巻では心の揺らぎとフィーを安心させたいが一心で、少し自分を開放する。二人のエロティックな行為は、快楽を求めるそれではなく、精神的な繋がり、心の解放で、絵柄からひしひしと伝わってきます。

正直、これは座裏屋先生くらいの画力がないと表現が難しい。

行為の激しさは感じられず、密接した肌の質感、手や指の圧力、ゆったりとした二人だけの時の流れが楽しめます。ところどころに出てくる、他のメンバーたちの戯れも、それほど勢いを感じないのは、やはり「エロス」だからではないでしょうか。ただの「エロ」に見えるのに、それほどやらしく感じないのは、性的な行為以上のものがあるからだと思います。

もう一つの特徴として、キスシーン 。

座裏屋先生のキスシーンは、映画のワンシーンを想像させるような時の流れを感じさせてくれる。普通のシーンもあれば、愛するもの同士の甘いものもあり、読み手ののめり込み具合で感じ方がかなり違ってくるかもしれません。

座裏屋先生の画力の凄さは、みなさんもお気づきかと思いますが、エロスや言葉、世界観、デザイン、手書きの文字さえも、品がある。どんなに激しいシーンを描いたとしても、愛情があってもなくても、やはり荒々しさよりも、心の内から来る「熱情」がある。それが座裏屋先生の魅力です。

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥 II』を今すぐ読む方法

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥 II』を今すぐ読む方法は、電子書籍です。

最初の数ページをサンプルで今すぐ読むことができます。

私がよく利用する電子書籍サイトは「コミックシーモア」かレンタル本が豊富な「Renta!レンタ」です。(どちらも数ページのサンプルあり。)どちらのサイトもBL作品の品揃えがよく、ほとんどの作品はサンプル立ち読みができます。また、無料で読めるBL作品がたくさんあります。

コミックシーモアは頻繁にクーポン割引あり。

Renta!は、レビューを書くとスタンプがもらえる機能などあり。

どちらのサイトもBLカテゴリーの品揃えがよく、さらに無料で読める作品がたっくさんあります。大抵の作品はサンプル立ち読みができますので、便利です。

電子書籍は単話で購入も可能です。

座裏屋先生は、コミックスリリースの際に細かな絵の修正などをかけていますので、連載版とコミックス版を見比べるのも面白いです。

紙の本は、シンプルに楽天ブックスを利用しています。ア○ゾンよりも発送が丁寧で、助かっています。

2巻は、がっちりと構えるアポロが表紙。何気ないイラストレーションですが、彼の手、足の組み方には、彼の心理状態が表現されています。

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』を120%楽しむ方法

この素晴らしい座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』の世界。

漫画以外に楽しみ方はあるのか…。

安心してください。あります!

ドラマCDです。漫画も面白かったですが、陽気な南国の世界観がプロの声優さんによってクオリティの高いオーディオドラマになりました。私はドラマCDでもこの作品を追っているので、感想を書いております。ご参照ください。

https://zaccamanga.com/2023/05/22/zariya04-7/

まとめ:座裏屋蘭丸先生の魅力全開!

ここには書き切れないくらいの魅力がある「シャングリラの鳥」。座裏屋蘭丸先生は、初心者ながら好きになりましたが、BLという枠にとらわれず、今までにない雰囲気に魅了されています。先生の画力、南国の潮の香りを楽しみながら、フィーとアポロを追ってみてください。

あ、大人の女性向けです。

エロス、あります。w

コミックシーモアでサンプルをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました