腰乃

腰乃先生『あっちとこっち』:心のフェンスを乗り越えるリーマンと高校生

腰乃先生の『あっちとこっち』は、心のフェンスを行ったり来たりするリーマンと高校生のお話です。コミカルな対話が楽しめる腰乃先生の初期作品で、ユニークながらも繊細な二人のキャラが初めての恋に奮闘します。佳作。今読んでも色褪せていません。
薄井いろは

薄井いろは先生『アンダーマイスキン』:外面と内面の歪みと交差

薄井いろは先生の『アンダーマイスキン』は、外面と内面のギャップの狭間で揺れ動く情欲がゆっくり丁寧に描かれた作品です。トラウマを抱える受けの久遠が、隠したいのだけど暴いて欲しい内面にある情欲をゆっくりと攻めの佐藤と交差していくお話。大人向けです。
里つばめ

里つばめ先生『DOGS dog eat dog』:斉藤、矢島の捜査事件簿

里つばめ先生の『DOGS dog eat dog』を読んで、事件を少しまとめてみました。贈収賄捜査を中心に、いくつかの事件が絡んでいきます。また事件に関連して省庁や組織内の問題もチラホラ。さらにはなぜか前作に登場したイケメン男子も再登場で盛り上がります。
里つばめ

里つばめ先生『DOGS dog eat dog』:斉藤、矢島と組織の事情

里つばめ先生の『DOGS dog eat dog』を読み終えました。いくつかの事件が複雑に関係して描かれていて読み応えがありました。今回は、登場する組織や行政機構について、少しまとめてみました。警察の組織って意外と複雑でびっくりしました。
天禅桃子

天禅桃子先生『フラッター』:1巻完結のリーマン物語

天禅桃子先生の『フラッター』は、1巻完結のリーマン恋物語です。気になっていたリーマンと一緒に仕事をすることになり、徐々に距離を縮めていく静かなお話。大きな事件はありませんが、きれいで矛盾のないストーリーなので、癒しとしても楽しめる作品です。
腰乃

腰乃先生『幸せになってみませんか?』:幸せは、信じる者にのみやってくる

腰乃先生の『幸せになってみませんか?』は、1巻完結のハジけるエンタメ。コメディながらも「幸せ」ってなんだろうと考えさせられる作品。今回の登場人物(特に受け)は至って普通の人なんだけど、あっさり流されて受けになってしまうという面白さ w
ハヤカワノジコ

ハヤカワノジコ先生『夜空のすみっこで、』:星と、恋と、ちびっこと

ハヤカワノジコ先生の『夜空のすみっこで、』は、高校時代に一緒だった二人が時を経て、小学校の教師と、生徒の父親となって再会するお話。ノジコ先生の世界観、ページをめくるごとに広がるアートがみどころの佳作です。星のモチーフも素敵です!
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (2/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディです。近所にいそうな男子たちが、惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w 楽しい1冊です。
草間さかえ

草間さかえ先生『王様のベッド』:片田舎のボーイズラブ

草間さかえ先生『王様のベッド』は、ど田舎で展開されるボーイズラブ。田んぼしかないところでも、山の上でも、いつでもどこでもBがLするのが草間先生の哲学。人間の欲求、好奇心は誰にでも、どこにでも存在する。そんな短編集です。
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (1/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディ。学校、会社、コンビニ、そこら辺で男子たちが惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w
シャングリラの鳥

座裏屋蘭丸先生『シャングリラの鳥』vol.3 ドラマCDを聞いてみた

座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』vol.3 ドラマCDを聞きましたので、ご紹介します。2023年12月にリリースされたドラマCDは、座裏屋先生が創り上げた秀逸な世界観を、中島ヨシキさんと松田健一郎さんのクールな声で盛り上げてくれます。
草間さかえ

草間さかえ先生『真昼の恋』思わぬイチャコラな二人に萌えた

草間さかえ先生の『真昼の恋』は、シンプルな表紙ですが、想像以上にイチャコラする二人に萌え。まさかの町工場を舞台にこんなBL物語が発展するとは。ヒラメとワインとラブとネジ。いつも通り、楽しいさかえ先生の作品に仕上がっています。
木下けい子

木下けい子先生『東オトコ京オトコ』:憧れの街で恋する粋な男たち

木下けい子先生の『東オトコ京オトコ』は、京都を舞台に繰り広げられる東京男児と京都男児の恋物語。コミュ力高いリア充の東京男児が、仮面を被った京都男児のギャップに萌え悶えていく可愛らしいコミカルな作品。癒しの作品なので、どなたでも楽しめる万能作品です。
絵津鼓

絵津鼓先生『SUPER NATURAL / JAM』大地の暴走の行方

絵津鼓先生『SUPER NATURAL / JAM』は、1巻でカップルとなった主人公二人が上京し、同棲して4年たった頃から物語がスタート。まだまだ初々しい二人の日々と、コミュニケーションの難しさを痛感する作品。1巻よりもパワーアップした1冊です。
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』その2:自然の恵みの享受と継承

草間さかえ先生の『幸せの条件』は、いつもの楽しいさかえ先生のボーイズラブだけでなく、そこにはさかえ先生が感じる「幸せ」が表現されています。閉ざされた世界では幸せを見出すことは難しい。視野を広め、目の前にある美しい自然を享受・継承していく。そんな幸せはいかがでしょうか。
絵津鼓

絵津鼓先生『SUPER NATURAL』:チグハグだけど可愛い二人の恋物語

絵津鼓先生『SUPER NATURAL』は、チグハグなコミュニケーションがゆっくりと歯車を合わせていく二人の恋物語。性格や考えが違う学生二人がゆっくりと歯車を合わせていく過程が可愛らしい。これが始まりで、ゆっくりと関係を深めていく期待感とが残る作品。
里つばめ

里つばめ先生『君の公式をください』理系男子たちのロジカルな恋愛

里つばめ先生『君の公式をください』は、京都の大学を舞台に繰り広げられる大学生の静かで優しい恋物語。『DOGS』のような荒々しさはありませんが、落ち着いた等身大の学生の恋愛、そして京都の雰囲気を楽しめます。結構ストレートな作品です。
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』:あなたの幸せの条件はなんですか

草間さかえ先生の『幸せの条件』には、いつものように楽しいBL話が展開されれるだけでなく、タイトルにもなっているさかえ先生の考える「幸せ」の条件が描かれています。お話を楽しみながら、読み手にとっての「幸せ」とはなんだろうと考えさせられる作品です。
大島かもめ

大島かもめ先生『チキンハートセレナーデ』:愛し、愛される関係性

愛されたい。そして、愛したい。大島かもめ先生の『チキンハートセレナーデ』は主人公二人がもつトラウマを、愛情を確かめ合いながら乗り越えていくアダルトな作品です。シンプルながらもしっかりと描かれた二人の心情描写。先生の作品で一番のおすすめです。
草間さかえ

草間さかえ先生『どこにもない国』:ユートピアの果てで

草間さかえ先生『どこにもない国』は、ユートピアのようなお話。戦争も終わり、二人だけになったまるでユートピアのような美しい場所。そんなタイトル作からスタートする1巻完結の短編集。いつものほのぼの系によりスパイスを加えた作風で、人生をも考えさせられる作品。
タイトルとURLをコピーしました