akabeko

akabeko

akabeko先生『蜜果』3巻:レオのホスト気質に堕ちていく貴宏

akabeko先生『蜜果』3巻を拝読しました。レオのホスト気質に堕ちていく貴宏の目線で語られています。レオの天然にも笑わされてますが、貴宏の萌えポイントも・・・今ひとつわかりません。このチグハグな二人の掛け合いがなんとも愛おしい。w
akabeko

akabeko先生の『蜜果』2巻 :衝撃的な貴宏とレオの絡みがベスト

akabeko先生の『蜜果』2巻 を読みました。おすすめポイントはいくつかありますが、とにかく巻末の貴宏の「本気」は、BL史上しっかりと残してほしい絡みシーンです。akabeko先生、ありがとうございます。しっかりと脳裏に焼き付けました。
akabeko

akabeko先生の人気問題作『蜜果』1巻を読んでみた

akabeko先生の作品には、味がある。ユニークな絵柄とスタイル。でもその裏側にはしっかりとした心理描写があります。言葉や絵柄だけに惑わされず、じっくりと読むことで、二人の背景からくる心理描写を汲み取っていくのが面白いんです。
akabeko

akabeko先生の『落果』は、店長・貴宏とレオのスタート地点

akabeko先生の『落果』には、『蜜果』の貴宏とレオの馴れ初めエピソードが収録されています。ぜひ、この作品から読み始めてください。強烈な表紙とは裏腹に、akabeko先生らしいこぶしのきいたエピソードたちが楽しめる短編集です。
akabeko

akabeko先生の『蝶と花の関係性』をご紹介します

akabeko先生の『蝶と花の関係性』はSとMの関係をじっくりと描いた作品です。十人十色なSMの世界を、akabeko先生の視点から描いたもの。この世界に興味のある方には特におすすめの作品です。
タイトルとURLをコピーしました