2023

里つばめ

里つばめ先生『DOGS dog eat dog』:斉藤、矢島の捜査事件簿

里つばめ先生の『DOGS dog eat dog』を読んで、事件を少しまとめてみました。贈収賄捜査を中心に、いくつかの事件が絡んでいきます。また事件に関連して省庁や組織内の問題もチラホラ。さらにはなぜか前作に登場したイケメン男子も再登場で盛り上がります。
里つばめ

里つばめ先生『DOGS dog eat dog』:斉藤、矢島と組織の事情

里つばめ先生の『DOGS dog eat dog』を読み終えました。いくつかの事件が複雑に関係して描かれていて読み応えがありました。今回は、登場する組織や行政機構について、少しまとめてみました。警察の組織って意外と複雑でびっくりしました。
里つばめ

里つばめ先生『君の公式をください』理系男子たちのロジカルな恋愛

里つばめ先生『君の公式をください』は、京都の大学を舞台に繰り広げられる大学生の静かで優しい恋物語。『DOGS』のような荒々しさはありませんが、落ち着いた等身大の学生の恋愛、そして京都の雰囲気を楽しめます。結構ストレートな作品です。
絵津鼓

絵津鼓先生『ハッピーマジカルNIRVANA』:澄春の変化、大悟の笑顔

絵津鼓先生の『ハッピーマジカルNIRVANA』は、意外なファンタジーもの、しかしベースには絵津鼓先生らしいヒューマンドラマと恋物語が待っています。長年の片思いから一歩進もうとする澄春と、恋に臆病だった大悟の笑顔の行方。1巻完結の素敵な恋物語です。
イイモ

イイモ先生の『悪癖』4巻:ついにプロステートチップが登場

イイモ先生の代表作『悪癖』最終巻、捻りの利いたエンディング、そして大門と小島の純愛、さらには話題になっていたプロステートチップがついに登場します。二人の甘い日々は最後ま〜で続きますよ。幸せな大門、そして愛を見つけた小島の二人、お幸せに!
おげれつたなか

おげれつたなか先生『ハッピー・オブ・ジ・エンド』:浩然と千紘の幸せとは

おげれつたなか先生の『ハッピー・オブ・ジ・エンド』が3巻で完結しました。人生のどん底にいた二人が知り合い、何気ない日々の幸せを感じ、これから歩んでいく人生。お互いが1歩ずつ歩み出し、前に進んで行きます。浩然と千紘の幸せの形とは何か。
ナツメカズキ

ナツメカズキ先生『ヒズ・リトル・アンバー 』はファンタジーで泣かせてくれる!

ナツメカズキ先生の『ヒズ・リトル・アンバー 』は、まさかのファンタジーで、どんな展開が待ち受けているのか!?と思いきや、まさかの展開にいい意味でやられた〜。そして先生のあの画力で、涙が・・・。しっかりBLの素晴らしい作品です。
ナツメカズキ

ナツメカズキ先生『ヒズ・リトル・アンバー』4年ぶりのコミックです!

ナツメカズキ先生『ヒズ・リトル・アンバー』の発売日が決まりました。ナツメカズキ先生の4年ぶりのコミックスです!様々は特典も準備されています。特典の小冊子もボリューミーですので、ファンの方は要チェックです。
ア行

池玲文先生『お父さんは性的コンテンツ』は個性的キャラのオンパレード

池玲文先生『お父さんは性的コンテンツ』は個性的キャラのオンパレード。ワイワイ楽しいラブコメです。素敵な特典も付いているので、要チェックです。
シャングリラの鳥

座裏屋蘭丸先生『シャングリラの鳥 3』ドラマCD 発売日は?

座裏屋蘭丸先生『シャングリラの鳥』vol.3 のドラマCD 発売日が決まりました!発売日、特典、どこで購入するのが一番お得か、まとめました。単行本の興奮を、素晴らしいベテラン声優さんたちが作り上げるオーディオドラマの世界でまたお楽しみいただけます。
滝端

滝端先生の『ネオン街の蜘蛛と蝶』で夜の世界を読んでみた

滝端先生の『ネオン街の蜘蛛と蝶』で夜の世界のBLを読んでみました。893の組長とキャバクラの店長がなぜかBLします。滝端先生の迫力あるイラストが魅力的で、また絡みたっぷりのファンサービスが魅力的な1巻。
マ行

芽玖いろは先生『愛を食べて生きている』:真面目な研究員が初めて…

芽玖(めぐ)いろは先生『愛を食べて生きている』は、真面目な研究員・カナメが、データ採取のため、初めて性交渉に挑むお話。w とんでもない時代設定のわりには、純愛のお話で、しかもあり得る近未来かも!?実はいろいろ考えさせられる作品です。
草間さかえ

草間さかえ先生『仕事おわりのランデブー』の原題は『喪服のクジャク』

草間さかえ先生『仕事おわりのランデブー』。作品全体にぽかぽかする温かい雰囲気が流れていて、読後は心が癒されます。真面目な年下攻めと距離感の近いにっこりかわいい受けのお話。読み終わると、恋をしたい、人に、心に触れたい気持ちになります。BLではあるけれど、上質の漫画です。
ラ行

涼子先生の『トロイメライ』、シューマンと共に

涼子先生の『トロイメライ』は眠れないカウンセラー・高杉と寂しい学生・一条のお話。シューマンのトロイメライをキーワードに、高杉は眠れるようになるのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました