1巻完結

薄井いろは

薄井いろは先生『アンダーマイスキン』:外面と内面の歪みと交差

薄井いろは先生の『アンダーマイスキン』は、外面と内面のギャップの狭間で揺れ動く情欲がゆっくり丁寧に描かれた作品です。トラウマを抱える受けの久遠が、隠したいのだけど暴いて欲しい内面にある情欲をゆっくりと攻めの佐藤と交差していくお話。大人向けです。
天禅桃子

天禅桃子先生『フラッター』:1巻完結のリーマン物語

天禅桃子先生の『フラッター』は、1巻完結のリーマン恋物語です。気になっていたリーマンと一緒に仕事をすることになり、徐々に距離を縮めていく静かなお話。大きな事件はありませんが、きれいで矛盾のないストーリーなので、癒しとしても楽しめる作品です。
腰乃

腰乃先生『幸せになってみませんか?』:幸せは、信じる者にのみやってくる

腰乃先生の『幸せになってみませんか?』は、1巻完結のハジけるエンタメ。コメディながらも「幸せ」ってなんだろうと考えさせられる作品。今回の登場人物(特に受け)は至って普通の人なんだけど、あっさり流されて受けになってしまうという面白さ w
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (2/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディです。近所にいそうな男子たちが、惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w 楽しい1冊です。
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (1/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディ。学校、会社、コンビニ、そこら辺で男子たちが惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』その2:自然の恵みの享受と継承

草間さかえ先生の『幸せの条件』は、いつもの楽しいさかえ先生のボーイズラブだけでなく、そこにはさかえ先生が感じる「幸せ」が表現されています。閉ざされた世界では幸せを見出すことは難しい。視野を広め、目の前にある美しい自然を享受・継承していく。そんな幸せはいかがでしょうか。
里つばめ

里つばめ先生『君の公式をください』理系男子たちのロジカルな恋愛

里つばめ先生『君の公式をください』は、京都の大学を舞台に繰り広げられる大学生の静かで優しい恋物語。『DOGS』のような荒々しさはありませんが、落ち着いた等身大の学生の恋愛、そして京都の雰囲気を楽しめます。結構ストレートな作品です。
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』:あなたの幸せの条件はなんですか

草間さかえ先生の『幸せの条件』には、いつものように楽しいBL話が展開されれるだけでなく、タイトルにもなっているさかえ先生の考える「幸せ」の条件が描かれています。お話を楽しみながら、読み手にとっての「幸せ」とはなんだろうと考えさせられる作品です。
大島かもめ

大島かもめ先生『チキンハートセレナーデ』:愛し、愛される関係性

愛されたい。そして、愛したい。大島かもめ先生の『チキンハートセレナーデ』は主人公二人がもつトラウマを、愛情を確かめ合いながら乗り越えていくアダルトな作品です。シンプルながらもしっかりと描かれた二人の心情描写。先生の作品で一番のおすすめです。
草間さかえ

草間さかえ先生『どこにもない国』:ユートピアの果てで

草間さかえ先生『どこにもない国』は、ユートピアのようなお話。戦争も終わり、二人だけになったまるでユートピアのような美しい場所。そんなタイトル作からスタートする1巻完結の短編集。いつものほのぼの系によりスパイスを加えた作風で、人生をも考えさせられる作品。
じゃのめ

じゃのめ先生『お伽噺は泡と消え』:1巻完結のじゃのめ先生の世界

じゃのめ先生の『お伽噺は泡と消え』を読んでみました。1巻完結で綺麗にお話がまとまった、札幌舞台の北海道BL。ラーメン屋で働く丘と、親が893の朱巳とのお話です。冒頭からスピード感ある作品で、じゃのめ先生の作品の中でもかなり好きな方です。
絵津鼓

絵津鼓先生『LAST FRIDAY』:川の流れのようにシフトしてく拓海の想い

絵津鼓先生『LAST FRIDAY』をご紹介します。はっきりしない恋心を追いかける拓海と、自分にないものを羨む欣也。互いの対話を通して見えてくる自分と、新たに生じた気持ちを手探りで形にしていく二人の物語です。絵津鼓先生の時の流れを感じる作品。
絵津鼓

絵津鼓先生『ハッピーマジカルNIRVANA』:澄春の変化、大悟の笑顔

絵津鼓先生の『ハッピーマジカルNIRVANA』は、意外なファンタジーもの、しかしベースには絵津鼓先生らしいヒューマンドラマと恋物語が待っています。長年の片思いから一歩進もうとする澄春と、恋に臆病だった大悟の笑顔の行方。1巻完結の素敵な恋物語です。
滝端

滝端先生『今夜、君と眠りたい』:1巻完結 執着の果ての愛

滝端先生の『今夜、君と眠りたい』は、滝端先生の作品の中でもわかりやすくまとまった作品です。1巻完結で、攻めのやさしい執着と、受けのトラウマからの解放がバランスよく交差し、長い間両片思いだった二人が無事に心を通わせます。すれ違いは怖いですね。
草間さかえ

草間さかえ先生『ヌレル(イロメ2)』:やさしく甘いミルクティーと共に

草間さかえ先生『ヌレル(イロメ2)』は、学校を舞台に繰り広げられるBL模様。1巻のカップルたちのその後が描かれていますが、どのカップルもほのぼの、時には切なく描かれた過去と現在。どのカプも仲睦まじくより深い関係になっているのがうれしいです。
南月ゆう

南月ゆう先生『サヨナラゲーム』:有村の豹変の行方

南月ゆう先生の人気シリーズの始まりがこの『サヨナラゲーム』になります。この作品から『チェンジワールド 』『ラブネスト』そして『エンゲージ』へとつながっていく世界観。丁寧に仕上げられた画力とストーリーテリングに脱帽。BL描写も満載です。
草間さかえ

草間さかえ先生『地下鉄の犬』:メガネ男のトラウマの結末

離婚をして虚無感を感じていたメガネ男と、そんな彼がコーヒーの香りに惹かれてふらっと立ち寄ったところで知り合った骨董店の亭主とのお話。自分の中にあった虚無感は、実は昔からのトラウマが原因だったのか、思い出と共に前へ進むメガネ男が描かれております。
滝端

滝端先生『ライトオブマイライフ』:ネタバレ!?感想・レビュー

滝端先生の『ライトオブマイライフ』を読みましたので、ちょっぴりネタバレな感想です。たくさん魅力的なポイントがあって、全体的に楽しめた作品ですが、いくつか気になった点もありましたので、それについておしゃべりします。私はアキとナギ、好きです。
滝端

滝端先生『ライトオブマイライフ』:1巻完結の美容師とホストの恋物語

滝端先生『ライトオブマイライフ』は1巻完結の同級生の物語です。高校時代にあった事件からお互い罪悪感を持っていた二人の同級生が再会し、同居することとなるが、昔の罪悪感と恋心が複雑に交差するお話です。小説家・水壬楓子さんの原案を滝端先生が迫力ある画力で魅せてくれます。
草間さかえ

草間さかえ先生『イロメ』:校内でくすぶる恋物語

草間さかえ先生の『イロメ』は、校舎内でくすぶる恋物語をまとめたオムニバスな1冊。幼なじみの恋、教師x生徒、教師x卒業生... さかえ先生のユーモアあふれるストーリーと切なくもどこか心温かくなる読後で、日々の癒しの1冊にいかがでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました