高校生

腰乃

腰乃先生『あっちとこっち』:心のフェンスを乗り越えるリーマンと高校生

腰乃先生の『あっちとこっち』は、心のフェンスを行ったり来たりするリーマンと高校生のお話です。コミカルな対話が楽しめる腰乃先生の初期作品で、ユニークながらも繊細な二人のキャラが初めての恋に奮闘します。佳作。今読んでも色褪せていません。
腰乃

腰乃先生『幸せになってみませんか?』:幸せは、信じる者にのみやってくる

腰乃先生の『幸せになってみませんか?』は、1巻完結のハジけるエンタメ。コメディながらも「幸せ」ってなんだろうと考えさせられる作品。今回の登場人物(特に受け)は至って普通の人なんだけど、あっさり流されて受けになってしまうという面白さ w
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (2/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディです。近所にいそうな男子たちが、惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w 楽しい1冊です。
草間さかえ

草間さかえ先生『王様のベッド』:片田舎のボーイズラブ

草間さかえ先生『王様のベッド』は、ど田舎で展開されるボーイズラブ。田んぼしかないところでも、山の上でも、いつでもどこでもBがLするのが草間先生の哲学。人間の欲求、好奇心は誰にでも、どこにでも存在する。そんな短編集です。
腰乃

腰乃先生『隣りの』:おバカな男子たちの押し問答あれこれ (1/2)

腰乃先生のデビューコミックス『隣りの』は、キャラ濃いめのおバカな男子たちが、あれこれ押し問答するコメディ。学校、会社、コンビニ、そこら辺で男子たちが惚れた腫れたと押し問答を繰り広げる。そしてそれをかわいいなと見守る女子の読者たち。w
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』その2:自然の恵みの享受と継承

草間さかえ先生の『幸せの条件』は、いつもの楽しいさかえ先生のボーイズラブだけでなく、そこにはさかえ先生が感じる「幸せ」が表現されています。閉ざされた世界では幸せを見出すことは難しい。視野を広め、目の前にある美しい自然を享受・継承していく。そんな幸せはいかがでしょうか。
草間さかえ

草間さかえ先生『幸せの条件』:あなたの幸せの条件はなんですか

草間さかえ先生の『幸せの条件』には、いつものように楽しいBL話が展開されれるだけでなく、タイトルにもなっているさかえ先生の考える「幸せ」の条件が描かれています。お話を楽しみながら、読み手にとっての「幸せ」とはなんだろうと考えさせられる作品です。
木下けい子

木下けい子先生『キスよりやさしく』:綾瀬と藤沢の着地点

木下けい子先生『キスよりやさしく』。シリーズ最終巻。やっと二人の気持ちを確認し、同じ方向へと向かった綾瀬と藤沢。お互いに触れ、「初めて」を迎える最終巻ですが、まだまだ二人の前に立ち塞がる壁が邪魔をしてきます。二人の着地点や、いかに!?
木下けい子

木下けい子先生『好きだからキスしたの?』: 思春期のジレンマ

木下けい子先生『好きだからキスしたの?』は、シリーズ2巻目。無事に付き合い始めた綾瀬と藤沢が、次のステップに進みたいのだけど、気持ちを抑えられない綾瀬とは裏腹に、ゆっくり相手を知っていきたい藤沢との間にズレが生じる思春期のジレンマの巻。
草間さかえ

草間さかえ先生『ヌレル(イロメ2)』:やさしく甘いミルクティーと共に

草間さかえ先生『ヌレル(イロメ2)』は、学校を舞台に繰り広げられるBL模様。1巻のカップルたちのその後が描かれていますが、どのカップルもほのぼの、時には切なく描かれた過去と現在。どのカプも仲睦まじくより深い関係になっているのがうれしいです。
ダヨオ

ダヨオ先生『YOUNG GOOD BOYFRIEND』にみる高津と水沢の10年

ダヨオ先生『YOUNG GOOD BOYFRIEND』。罪悪感しか感じてない教員・高津と、無垢な恋心ながら自分に誠実に行動する水沢の恋物語。彼らの10年を読むことができます。いいカップルに熟してくれました〜。
ダヨオ

ダヨオ先生『YOUNG BAD EDUCATION』:心に火が灯されるとき

ダヨオ先生の『YOUNG BAD EDUCATION』は、オススメです。罪悪感しかない教師と若く怖いものなしの生徒が先生に恋しちゃう恋物語。静かな物語なので、寝る前にちょっと読みたいストーリー。シリーズではあるけれど、1巻完結になっていて読みやすいです。
草間さかえ

草間さかえ先生『イロメ』:校内でくすぶる恋物語

草間さかえ先生の『イロメ』は、校舎内でくすぶる恋物語をまとめたオムニバスな1冊。幼なじみの恋、教師x生徒、教師x卒業生... さかえ先生のユーモアあふれるストーリーと切なくもどこか心温かくなる読後で、日々の癒しの1冊にいかがでしょうか。
草間さかえ

草間さかえ先生『夢見る星座』:ホクロから始まる恋とは

草間さかえ先生『夢見る星座』は、それぞれの恋の始まりを集めた短編集。ホクロから始まる恋とは。草間先生らしいユニークなキャラ設定でコミカルながらも切ない恋物語を楽しみました。この作品を読んで涙したのは、世の中きっと私だけかもしれません。w
ハ行

昼寝シアン先生『放課後のエチュード』2巻:ダンサーとしての成長

昼寝シアン先生『放課後のエチュード』2巻では、二人のダンサーとしての成長が描かれています。学生の二人なので、吸収も行動もスピード感がありますね。たまに甘々なイチャつく二人も楽しめる2巻になっています〜。
ハ行

昼寝シアン先生『放課後のエチュード』はバレエ男子たちの成長物語

昼寝シアン先生『放課後のエチュード』1巻をご紹介します。バレエに馴染みのない人も楽しめる内容ですが、ところどころにちょっとしたバレエ小話もあって読者に優しいです。私も幼少期、漫画を通してバレエの有名作品を知りました。
じゃのめ

じゃのめ先生『黄昏アウトフォーカス』:映画部がBL作品を作ってBLしちゃうお話

じゃのめ先生の『黄昏アウトフォーカス』は、アニメ化もされたじゃのめ先生の代表作。高校映画部のメンバーたちが、あちこちでBLしちゃうお話です。素晴らしい表紙のイラストと、素晴らしいイントロから始まる物語は、日本だけでなく世界でもヒットしているBL作品です。
マ行

三島一彦先生『キミとは誤解からはじまりましたが 』はピュアなDKの恋物語

三島一彦先生の『キミとは誤解からはじまりましたが 』は、ひょんなことから男の子にラブレターを渡してしまった主人公のピュアな恋物語です。1巻完結のライトBLなので、BLってちょっとこわいなぁと思っている方にもおすすめです。
苑生

苑生先生『兎の森』の感想・レビュー

苑生先生『兎の森』の1、2巻を読んだ、感想・レビュー。思春期の高校男児二人が、性欲、恋、アイデンティティなどさまざまな問題に悩み、自分を見出していく作品です。
苑生

苑生先生『兎の森』2巻:二人の情欲がゆっくり解放されていく

苑生先生『兎の森』2巻は、いよいよ二人の情欲がゆっくりと解放されていきます。相変わらずの志井と、環の家庭事情がより詳しくなっていくミステリアスな部分、そしてそれを中和させるかのようなコミカルな描写もあり、物語はより深く森の中へ。
タイトルとURLをコピーしました